法人営業部札幌市中央区のホンダ正規販売店

営業時間
9:00〜18:00
休店日
毎週土曜・日曜、祝日

リースご利用のメリットやレンタカーとリースの違いなどのご質問に、専門スタッフが的確にアドバイス致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

スタッフ紹介

住所
〒064-0925 北海道札幌市中央区南25条西11-1-1
TEL
011-511-4500
FAX
011-561-9800

アクセスマップaccess map

ストリートビューで見る

各種お問い合わせcontact

店舗ブログblog

全て(33)  その他(12)  展示・試乗車(5)  日記(4) 
5件中 1 - 5件目 を表示中

法人課 Enjoy Honda 2018
2018.07.31
土野です。

暑い日が続く中、いかがお過ごしでしょうか。
外に出たくない、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そんな方々もおもわず出かけたくなるようなイベントが
今週末4日(土)・5日(日)にあります!

「Enjoy Honda 2018 アクセスサッポロ」です!

CR−Vやクラリティなど新機種の展示をはじめ、
NSXなどのスポーツカーを展示いたします。

お子さまが参加して楽しめるブースもたくさんあります。
とびだすぬりえやキッズカート体験など
夏休みの思い出になるのではないでしょうか。

女性に嬉しいハンドトリートメントもあります。

家族みんなが楽しめるイベントとなっておりますので
ぜひお越しください!

以下イベント詳細です。


「Enjoy Honda 2018 アクセスサッポロ」
日時    8月4日(土)・5日(日) 9:00〜17:00
会場    アクセスサッポロ
      〒003-0030
      札幌市白石区流通センター4丁目3−55
駐車場   車・バイクともに無料
チケット  高校生まで入場無料
      当日券大人1名につき600円
      前売り券大人1名につき400円(3日までローソンにて)


カテゴリ:展示・試乗車 
この記事の感想:0件
法人課 OUTDOOR DAY JAPAN
2018.06.15
土野です。

今年も早いものでもう6月です。

もう少しで夏本番です。

夏といえば、アウトドア、音楽フェスなど屋外での
予定がある方も多いのではないでしょうか。
なんだか最近、キャンプが流行っているみたいですね。

アウトドアに興味のある方、朗報です。

今週末日本最大級のアウトドアイベントがあります。

なんでアウトドアイベントの告知をしているかと言いますと、


なんと、


発売前の新型CR-Vをイベント開催中、展示致します!
CHUMSとコラボしたN-ONEも展示致します!

今週末は天気がいいみたいなので、
是非お越しいただければと思います。

行けない方の為に、私土野が明日16日に
CR-VとN-ONEの写真を撮りに会場に行きますので
またブログをのぞいてみてください。

以下、イベントの詳細です。

「OUTDOOR DAY JAPAN」
開催日時 6月16日(土)、17日(日)
     10:00〜17:00(雨天決行)
会場   道庁赤レンガ庁舎前庭・北3条広場

以上、土野でした。



カテゴリ:展示・試乗車 
この記事の感想:1件
1
法人課 
2018.04.23
おひさしぶりです、土野です。

いきなりですが、写真のビルは東京にあるHondaの本社ビルです。



とても大きいビルですね。

角度を変えて見てみると...


他のビルに比べて歩道ギリギリにに建っていないですよね。

これには創業者である本田宗一郎の思いやりが込められています。

ビルは交差点に面しているのですが、ギリギリに建てると

交差点の視界が悪くなると本田宗一郎は考えました。

車メーカーが交差点の視界を悪くしてはならない、
本田宗一郎は交差点を通る「ひと」を第一に考えています。

まだまだ思いやりが込められています。

Hondaの本社ビルは全フロアにバルコニーがあります。

一般的な商業ビルを想像してみてください。

バルコニーはなく、壁に面して窓がありますよね?

ここにも、理由があるんです。

日本は世界有数の地震大国です。

近年のニュースでも東京で大地震が起こる可能性が高いと言われていますね。

大地震が発生したとき一般的な商業ビルの窓ガラスが割れたら
防ぐものはなく下に落ちていきます。

Hondaビルはバルコニーがある為、ビルの下に窓ガラスが落ちることを
最小限に防ぐことができます。

本田宗一郎はもしものときの「ひと」を思って建設されています。

そうして今、本田宗一郎の理念を受け継いだ開発者が

大人気N−BOXのスロープ仕様車をつくりました。

以前にもN−BOX+という名前で発売されていたものが

使う「ひと」を想ってよりよく生まれ変わりました。

うしろのシートを起こせば大人4人が広々乗れますし、
シートを倒せば車イスに座ったまま乗車することができます。

スロープの使い勝手も使う「ひと」を考えてさらに使いやすくなりました。

さらに、N−BOXは全タイプホンダセンシングが標準装備ですので、
運転している「ひと」も乗っている「ひと」も安心ですよね。

使用方法は車イスの為だけではなく、自転車なども積込みができるので

趣味の為にも使う事が出来ます。

弊社で試乗車を用意する予定です。

是非直接見て、触れてみてください。

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。



カテゴリ:展示・試乗車 
この記事の感想:3件
1
2

法人課 不常識を非真面目にやれ!
2018.03.25


2018/3/24

西田です。

本日、中央店に
シビックTYPE-Rのデモカーがお目見えしました。
320馬力を発揮する2000ccターボエンジン。
赤い『R』エンブレムが伊達じゃないことは
鮮烈なフォルムからも感じて頂けると思います。


シビックは、1972年に販売開始され、
搭載されたCVCCエンジンは、当時としては
画期的な低公害+ハイパワーエンジンで、
世界的な大ヒット車となりました。

そんなシビックを生み出したHondaの創業者である
本田宗一郎は、社内で常々
『不常識を非真面目にやれ』と言っていたそうです。
非常識(めちゃくちゃ)ではなく、常識の枠を超えた
新しい常識、それが『不常識』と言う訳です。

それも、ただ真面目(平凡)に考えるのではなく、
新しい自由な発想で『非真面目』に取り組む。
その結果、今まで不可能と言われていた
『低公害かつハイパワーなエンジン開発』の
ポテンシャルに繋がったのでしょうね。


そもそも常識って、いつ誰が決めたのでしょう?
世の中の人々が当たり前だと思っている事は、
すでに過去の思想であり、こうしている間にも
時代は流れています。
この常識を今風に変えることが出来れば、
新しいビジネスチャンスに結びつくはずです。


不常識を非真面目にやることが、現代社会にとって
最大のソリューションではないかと思う今日この頃、
皆様もシビックタイプRをじかに触れながら
本田宗一郎のDNAを感じて頂けたらと思います。



カテゴリ:展示・試乗車 
この記事の感想:3件
2
1

法人課 【 新型STEP WGNが大好評 】
2018.01.06
2018/1/6


西田です。


Hondaの創業者、本田宗一郎は
かつてこんなことを言っていたそうです。


”こちらが望んでいる事、こうやりたいとしている事を
相手にスムーズに受け入れて貰う為には、まず相手の
心を知らねばならない”


宗一郎はこうした相手に対する『思いやり』を原則として
持っていたのですね。シンプルに言えば、
『正しさ』より『優しさ』を優先していたのでしょう。


昨年秋にマイナーチェンジしたステップワゴンには、
使う人への思いやりが詰め込まれています。


おなじみの土野でございます(笑)




これが縦にも横にも開く”わくわくゲート”です。
(Bタイプ以外に設定)


縦開けで大開口。床が低いからラクラク積めます。




駐車した後ろが狭くても荷物がサッと取れる、
縦にも横にも開くのがわくわくゲートのすごいところです。



二列目に座っている人が席を立たなくても、三列目の人が
わくわくゲートから出入りできちゃいます。


『わくわくゲートは重量が増えるから燃費悪いんじゃないの?』
とも言われますが、1.5Lターボエンジンが低燃費でお財布に
優しく、高出力で走りも快適ですのでご安心を。




研ぎ澄ましたフロントデザインに一新したスパーダが大好評!


こうした機能の『優しさ』は時として車両重量が増すなど
クルマ作り的には『正しい』とは言えない部分があるかも
しれません。


それでも、ご家族やお仲間など『人への優しさ』をカタチに
するため、Hondaはこれからも新しいカタチに挑戦し続けます。


新しいステップワゴンは、初売りの1/4からご覧になれます。
ぜひ遊びにいらっしゃって下さい。





カテゴリ:展示・試乗車 
この記事の感想:4件
1
1
2

5件中 1 - 5件目 を表示中